2008年03月

ここでは、2008年03月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
datで「タイタニック」スレが立つ中、流れに反してハリーポッターを見てた

見ててふと思ったんだけど「魔法使い」と言えばガンダルフやら往年のハイタカやらやたらと
頼もしかったりチートじみた性能をもつキャラクターが多い中、ダンブルドア先生は別段、
頼もしいわけでもなく化け物じみた戦闘能力を有しているわけでもなく控えめな性能だなあ…と思った

ダンブルドア先生はきっと研究職で多大な功績をあげたんだよね…と自分を納得させる俺であった…


んで、ハリーポッター見ててわかったんだけど「バジリスク忍法帳」のタイトルは瞳術から来てるのか
とかまったく関係ないところで納得したりもした
スポンサーサイト
久々に本屋でがっつり漫画買ってきたので買った物リスト

■へうげもの(6)
■それでも町は廻っている(4)
■ふたつのスピカ(14)
■ウルトラマン STORY 0(6)
■MOONLIGHTMILE(11)(12)
■攻殻機動隊1.5(新装版)

★宇宙兄弟(1)


スピカは府中野が…
しかし、流石に死なないだろうとは思いますが…
秋も死んじゃってこれで府中野も死んだら俺はきっとどうにかなってしまう…
連載を追ってない漫画なので非常に続きが気になるところ

ウルトラマンはレオ編も佳境
原作では5兄弟に苛められ、所属した部隊は全滅、と不幸満載だったレオですが、
メビウスあたりからなにやら優遇されているような気がしないでもない…よかったね、レオ
ともかく、登場シーンと撤退シーンに定評のあるマグマ星人との因縁あたりの話
しかしアストラはダメな子だなー

さて攻殻機動隊1.5の新装版ですがこれはちとがっかり…
CD-ROM付きの旧版も持っているんですがページ数が2倍になっていたので買ってみたんだけど
書き下ろし新作の1つでもあると思ったら…クッ…漫画部分は旧版と一緒か…
ちょっとがっかりしつつも新しく追加されたシナリオのプロットを読んでみたらなかなか面白かったの
でまあいいかな…とも思いましたがこれで1700円はどうかと…旧版もってる人はよく考えて買うといいよ


そしてモーニングで連載中の「宇宙兄弟」である
よくよく考えればプラネテスをモーニングで読み始めてからスペリオールのMOONLIGHTMILEを
読むようになり、と宇宙をテーマにしたアストロノーツ的な(?)漫画を読むようになった気がする
そういえば映画「スペースカウボーイ」やなんかも上の2作品が連載を始めた2000年前後の映画
だったような気がする

なんとなく、2001年宇宙の旅あたりとの関係を書きなぐりたい所だが巧く纏められそうにないからイイや

話を戻す
宇宙兄弟、だが仕事をクビになった兄、六太がすでに宇宙飛行士として月に行こうとしている
弟、日々人(ひびと)を追いかけるようにしてJAXAの試験を受けることを決意する事から始まるという
感じのストーリー
弟よりも一歩先を行くのは兄としての勤め、と感じている六太が喜んだり落ち込んだりするという感じ
今の所、MOONLIGHTMILEほど硬くなく、プラネテスほど哲学的でなく読みやすくていい感じ
今後楽しみな漫画の1つってとこでしょうか


とだらだら買った漫画の感想を書きつつ3日坊主予定ブログの最初の記事終了
お疲れ様でした
ブログをはじめる
三日坊主か…懐かしい響きだな
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。